レディー

刺激の少ない化粧品で肌をケア|乾燥肌について知ろう

症状とスキンケア

クリームと花びら

敏感肌はかぶれたり、ピリピリとした痛みを感じるものです。女性ホルモンの乱れやアレルギー体質が原因であり、その解決にはセラミドが配合された化粧水を使ったり、アルコール系成分を避けることが多いです。また、ミネラルファンデーションを使ったスキンケアが大切です。

もっと読む

刺激物の含まれない製品

化粧水を持つ人

人間の肌の角質層には水分を保持する役目が備わっています。また紫外線などの刺激から肌を守る機能も備わっています。乾燥肌になるのはこれらの役目や機能が働かなくなるからです。その原因としては食生活や生活習慣が影響しています。例えば偏食したりファストフードや肉食などを続けていると、10代からでも乾燥肌になります。日常生活では睡眠不足やストレスが多いと肌荒れや乾燥肌の原因になります。少しでも食生活や日常生活の過ごし方を工夫すると、肌の保湿機能を維持することができます。特に外出時には紫外線に気をつけることが重要です。乾燥肌をはじめシミやシワの発症原因になりますから、必ず日焼け止めを塗ったり長袖を着用するなどの工夫をします。

乾燥肌に効果のある化粧品の特徴は、刺激になる成分が含まれていないという点です。刺激がある成分というのはアルコール、香料、着色料などです。これらの成分が含まれていない化粧品を使うようにすると乾燥肌の防止になります。また最近人気になっているオーガニック化粧品やナチュラルコスメなども成分によっては刺激があり、肌がかぶれる場合もあります。アロマ成分は肌にやさしいといわれていますが、中には成分が強くてアレルギーが出ることもあります。初めての化粧品を使ったり別のものに変えたりする場合は、サンプルをもらって目立たない部位で使ってみるようにします。試して異常が出なければ安心して使えます。無添加でも人によっては刺激がある場合があるので、試してみることが大事です。

肌から浸透するために

メイク用品

ビタミンc誘導体はビタミンcを肌に浸透させるために作られたもので、化粧品に使われることが多いです。その化粧品は、夏場だけでなく冬にも有用的です。冬にも紫外線があり、コラーゲン生成にも不可欠だからです。

もっと読む

肌でしっかりと作用します

化粧水

肌トラブルの救世主として注目されている、ビタミンc誘導体化粧水は多くの人に使われています。美白やアンチエイジング以外にも、シミやシワなどに効果を示します。また従来のビタミンc誘導体化粧水は、肌の奥まで浸透しにくいという弱点がありました。これを改良したのが、水溶性と脂溶性を併せ持つAPPSです。

もっと読む